記事一覧

カルティエ、「LOVE IS ALL」ムービーをローンチ


カルティエは、愛を称える比類ないムービー「LOVE IS ALL」を発表しました。このムービーは、普遍的で不朽の愛を称えるメゾンのビジョンを表現し、寛容と喜びの心で共有しようとするものです。パリとロサンゼルス、上海でムービー撮影されたムービー「LOVE IS ALL」は、あらゆる形のファミリーが存在することの証です。多くの「フレンド オブ メゾン」が初めて集結。エラ・バリンズカやマリアカルラ・ボスコーノ、モニカ・ベルッチ、カティア・ブニアティシヴィリ、リリー・コリンズ、ゴルシフテ・ファラハニ、メラニー・ロラン、トロイ・シヴァン、ウィロー・スミス、アナベル・ウォーリス、ジャクソン・ワン、メイジー・ウィリアムズといった素晴らしいキャストが勢揃いします。


それぞれ個性あふれる12人が、この喜びに満ちたメロディに自らのクリエイティビティやエネルギーを注ぎ込み、カルティエというメゾンにとって、カルチャーやアートの多様性がいかに重要かを示します。「人が集まれば、より力強くオーセンティックな魅力を放つという考えが、カルティエのフィロソフィーにあります。だからこそ祝福を込めて人生を慈しむアーティストたちによる、カルティエのインスピレーション豊かなコミュミティが今回ひとつになったのです。彼らは共に、重力に逆らうようにカルティエのレッドボックスを喜びで満たしていきます」
──アルノー・カレズ(シニア ヴァイス プレジデント & チーフ マーケティング オフィサー)

新鮮で考え抜かれた軽やかなアプローチで有名なイギリスの若き監督兼ファッションフォトグラファーのシャーロット・ウェールズが監督を務めたこのムービーは、カルティエにとって大切なことを表しています。それは、各々のシンギュラリティ(唯一性)が他と合わさることで豊かになり、こうしたつながりが才能をさらに高めるという信念です。そこにはカルティエの、アートや文化に対する率直で深い思いが込められています。枠にはまらない考えを持ち、境界線を押し上げ、さまざまな障壁を越えること、私たちの人生や心を解き放ちたいという気持ちを阻害するものに打ち勝つことを、カルティエは大切にしています。「LOVE IS ALL」は、70年代にロジャー・グローヴァーとロニー・ジェイムス・ディオが手がけたポップなメロディですが、曲の選択にも意味があります――「Everybody’s got to live together(人は誰かと生きていくもの)」。カルティエによるこのムービーは、温かみと喜びに溢れた歌詞の背景にある普遍的なメッセージを共有しながら、ファミリーが集まって祝う何よりも大切な時であるフェスティブシーズンを祝福します。

カルティエについて
ラグジュアリーの世界を代表するカルティエ。その名前はオープンな姿勢と好奇心と同義であり、数々のクリエイションと共に燦然と輝き、美が存在するあらゆるところに、美を明らかにします。ジュエリーやファインジュエリー、ウォッチメイキングからフレグランス、レザーグッズやアクセサリーに至るまで、多岐にわたるカルティエのクリエイションには、卓越した職人の技と時代を超越するシグネチャーが融合しています。

【関連記事】:https://bipengc1177.wordpress.com/

コメント一覧

人気のウエストバッグも多数 URL 2021年12月15日(水)12時15分 編集・削除

シャネル 偽物 カメラケースこれから迎える秋冬コーデ用としても選べますね。

高級ファションは階級が有る URL 2021年12月16日(木)16時41分 編集・削除

海外芸能ニュースや海外セレブの騒動、海外有名人・著名人のゴシップ、噂、裏話、暴露、結婚、出産、離婚、不倫、逮捕といった最新海外エンタメ情報をお届けしま